カウンセリングの重要性|エラボトックスで顔周りスッキリ!【メジャーな施術方法のひとつ】

エラボトックスで顔周りスッキリ!【メジャーな施術方法のひとつ】

サイトメニュー

カウンセリングの重要性

顔に触れる女性

必要な物を確認しよう

小顔でおなじみのボトックスは、エラの整形の中でも特に手軽に受けられる物として人気です。他の美容整形にありがちな後遺症の問題もないので、比較的安全に施術することができます。ただし体質が合わない方や施術の仕方によっては、副作用の症状が出たり効果が出ないこともあったりするようです。そうなる原因としては、使用する製剤の種類や使い方に問題がある場合や使用する医師の知識やスキルが未熟ということが考えられます。たとえばエラ整形の時に使用する製剤の中でも、アメリカの製剤会社であるアラガン社のボトックスビスタは成分が安定しているのでその分効果にバラつきが出ません。エラボトックスのように何度も施術受けるタイプの美容整形なら、こんな風に常に一定の効果が出る製剤を使用した方が安心です。またそこをクリアしても、使用する位置や注入する製剤の量を間違えれば意味がありません。したがってボトックスのエラ整形を成功させるには、取り扱う側の医療関係者の知識や経験も重要なポイントになってくるでしょう。幸いボトックスビスタを使用する場合、製品を使用する前に必ず講習と実技を受けなくてはいけないきまりがあります。それを受けた医師は最低限の知識と経験が備わっているので、少なくともエラ整形で致命的なミスを犯すことはなくなるはずです。ボトックスでエラ治療をする時はカウンセリングを受ける機会が必ずあるので、施術内容に疑問や不安がある時は必ずそこですべてを解消してから先に進むようにしましょう。逆にいうとそこで気がかりなことが解消されない限りは、施術を受けるタイミングまたは施設が適していないということになります。カウンセリングを受けたからといって絶対にそこの施設で施術をしなくてはいけない決まりはないので、納得がいかなければ別の施設を探すか予定を変更して対応しましょう。顔のエラにボトックスを打つ整形は、他の手や脚に施術するよりもはるかに副作用が出やすいのがわかっています。なぜなら顔の筋肉のパーツは他の部位よりも細かく複雑に絡み合っていて、どの部分がどこに影響を及ぼすか見極めがつけにくいからです。さらに筋肉の付き方は人によって個人差があるので、使用する製剤の適量も人それぞれで違うのが普通です。ボトックスでエラ整形をする時は、この点も正確に確認しながらやらなくてはいけません。カウンセリングでは直に患者と医師が触れ合えるので、この部分をより正確にチェックすることが可能です。使用する製剤の種類や担当する医師のスキルと共に、カウンセリングも安全に施術を受けるうえでは重要になります。ゆえに手を抜くことなく、納得のいくまで医師と打ち合わせをするようにしましょう。